「近江商人の三方よし」の考え方に基づき、会社の経営と個人の幸せを一緒になって考えます

(2)貸借対照表の独自の配列、キャッシュ体質図の配列とCF計算書の関係

貸借対照表の独自の配列
 ここでは、貸借対照表の本来の科目配列を変えて、CF計算書(間接法)とリンクし易いようにします。
図表1を見てください。
左側の運用側は「営業CFがマイナスとなる要因」「現金等」「固定資産」の順で配列しています。
 一方、右側の調達側は「営業CFがプラスとなる要因」「有利子負債」「純資産と固定負債中にある有利子負債以外のもの」の順で配列しています。
ここでは、この配列で構成された貸借対照表を「キャッシュ体質図」と呼ぶことにします。

図1

 

キャッシュ体質図の配列とCF計算書の関係

【悪玉資産と善玉負債】
 配列項目のうち「営業CFがマイナスとなる要因」と「営業CFがプラスとなる要因」は、CF計算書の営業CFの中身とリンクしています。
 たとえば、「営業CFがマイナスとなる要因」の中身に売掛金や棚卸資産などが入っています。これらは、営業CFの中では、増加すればマイナス表示(減少すればプラス表示)となります。
 
同時に、「キャッシュ体質図」に配列された売掛金や棚卸資産などの「営業CFがマイナスとなる要因」も増加(減少)すれば、「現金等」は減少(増加)することになります。
 換言すれば、「営業CFがマイナスとなる要因」の存在が「現金等」の存在を阻んでいるわけです。
 ここでは、「営業CFがマイナスとなる要因」を「悪玉資産」と呼ぶことにします。 
 一方、「営業CFがプラスとなる要因」の中身に買掛金や営業未払金などが入っています。
 これらは、営業CFの中では、増加すればプラス表示(減少すればマイナス表示)となります。
 同時に、「キャッシュ体質図」に配列された買掛金や営業未払金などの「営業CFがプラスとなる要因」も増加(減少)すれば、「現金等」は増加(減少)することになります。

 換言すれば、「営業CFがプラスとなる要因」が「現金等」の調達原資となっているわけです。
 ここでは、「営業CFがプラスとなる要因」を「善玉負債」と呼ぶことにします。

 

【脂肪資産】
 配列項目のうち「固定資産」は、CF計算書の投資CFの中身とリンクしています。
 たとえば、「固定資産」の中身に土地・建物などの有形固定資産が入っています。
 これらは、投資CFの中では、増加(取得)すればマイナス表示(減少(売却)すればプラス表示)となります。
 同時に、「キャッシュ体質図」に配列された土地・建物などの有形固定資産も増加(減少)すれば、「現金等」は減少(増加)することになります。
 よって、現状では「固定資産」の存在が「現金等」の存在を阻んでいるわけです。
 将来的には、「固定資産」が利益を生み、「現金等」を創造することになるでしょう。
 ここでは、「固定資産」を将来の貯えとして捉えて「脂肪資産」と呼ぶことにします。

 

【エネルギー資本】
 配列項目のうち「純資産と固定負債中にある有利子負債以外のもの」は、CF計算書の、主に営業CF・財務CFの中身とリンクしています。
 財務CFの中身にある資本金は、増加すればプラス表示(減少すればマイナス表示)となります。
 同時に、「キャッシュ体質図」に配列された資本金も増加(減少)すれば、「現金等」は増加(減少)することになります。
 また、配列項目の「利益剰余金」も、CF計算書の営業CFにある税引前当期純利益とリンクしています。
 これは、営業CFの中では、税引前当期純利益がプラスであればプラス表示(マイナスであればマイナス表示)となります。
 原理上、同時に、「キャッシュ体質図」に配列された利益剰余金も増加(減少)すれば、「現金等」は増加(減少)することになります。
 また、「固定負債中にある有利子負債以外のも」の中身にある退職給付引当金などは、営業CFの中では、増加すればプラス表示(減少すればマイナス表示)となります。
 同時に、「キャッシュ体質図」に配列された退職給付引当金なども増加(減少)すれば、「現金等」は増加(減少)することになります。

(注) 原理的には、利益剰余金の増加が「現金等」を増加させます。退職給付引当金の相手勘定は「退職給付引当金繰入」という費用ですが、同金額が利益剰余金を減少させることになります。減少した利益剰余金の金額と同額が、退職給付引当金の発生額となり、いわば退職給付引当金は利益剰余金の化体なので、退職給付引当金の増加が「現金等」を増加させるということになります。

 換言すれば、「純資産と固定負債中にある有利子負債以外のもの」が「現金等」の調達原資となっているのです。
 「純資産と固定負債中にある有利子負債以外のもの」は、主に企業にとって自力で調達した根源的なものなので、ここでは「エネルギー資本」(以下「E資本」とする。)と呼ぶことにします。

 

【現金等と有利子負債】
 配列項目の「現金等」は、CF計算書の最終計算結果(営業CF・投資CF・財務Cの計算結果の合計額)とリンクしています。
 一方、「有利子負債」は財務CFにリンクしています。この中身に短期借入金・長期借入金が入っています。
 これらは、財務CFの中では、増加すればプラス表示(減少すればマイナス表示)となります。
 同時に、「キャッシュ体質図」に配列された有利子負債も増加(減少)すれば、「現金等」は増加(減少)することになります。
 なお、割引手形と裏書手形は悪玉資産に加え、同時に割引手形は有利子負債へ、裏書手形は善玉負債に加えます。
 これは、財政状態の実態を浮き彫りにするためです。                                                                                       

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0493-61-1277 受付時間 9:00 - 18:00

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 税理士法人 Triple Win All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.